公益社団法人 青森観光コンベンション協会

七子八珍

  七子    八珍    堂々九品    隠れ十品
七子八珍トップへ戻る
七子 … すじこ、たらこといった魚卵などで子のつくもの七品
名称 イメージ 青森の漁獲時期(青森の旬) 豆知識
たらこ
11〜1月
(12〜翌1月)
津軽海峡に産卵にくるマダラは大きく、お腹には4キロものたらこが入っているといわれます。
すじこ
10月中旬〜12月
(10月中旬〜12月)
鮭の卵巣から卵を取り出した卵を、一腹ずつ塩漬けにしたものと生すじこがあります。
ましらこ
11〜1月
(12〜翌1月)
真鱈の精子が体内で乳白色に固まったものを青森では「たつ」とも呼びますが、特に陸奥湾でとれるマダラの白子は「ましらこ」といって珍重されます。
ほたてのこ
1〜4月
(1〜3月)
貝柱の外側にある卵のように見えるのが生殖巣。白系は精巣で、赤系は卵巣です。青森といえばホタテガイと言われるほど有名。
このこ
2〜4月
(3〜4月)
なまこの卵巣のことで、青森では主に生や塩辛にして食べるます。なまこの卵巣を数枚重ね、三角または板状した干し物を「ばちこ」といいます。
たこのこ
11〜5月
(11〜5月)
たこの卵巣。藤の花に似ていることから「海藤花(かいとうげ)」とも呼ばれます。生はもちろん、煮たり、蒸したりして食べるとおいしい。
ぶりこ
11〜12月
(11〜12月)
はたはたの卵を「ぶりこ」と呼びます。だしで煮込んだり、大根なますに入れたりして食べます。
Aomori Tourism and Convention Association.All Rights Reserved.