公益社団法人 青森観光コンベンション協会

七子八珍

  七子    八珍    堂々九品    隠れ十品
七子八珍トップへ戻る
隠れ十品 … 地元で評価の高いもの十品
名称 イメージ 青森の漁獲時期(青森の旬) 豆知識
ぶり
5〜12月
(11〜12月)
ぼら・すずき同様、成長につれ名を変える出世魚。その呼び名は地域などによりまちまちだが、津軽半島沿いでは、ふくらげ(ふくらぎ)→あお→ぶりと呼ばれる。
いしなぎ
5〜12月
(7〜8月)
2〜3月も小ぶりだが脂がのっておいしい。
きんきん
年間
(11〜2月)
青森の焼魚・煮魚の王様といわれるほどの高級魚。青森では「めんめ」とも呼ばれている。
たい
4〜7月、9〜11月
(5〜6月,10〜11月)
カスゴ(春子)→ササ→コダイ→チュウダイ→マダイと大きさによって呼び名が異なる。
あんこう
9〜5月
(11〜翌2月)
肝臓(あんきも)は冬季間がおいしい。
そい
10〜7月
(2〜3月)
一般的には「キツネメバル」や「クロソイ」と呼ばれているメバルの仲間。
まぐろ
6〜12月
(10〜12月)
本州最北端、大間で水揚げされるマグロは日本一。
かれい マガレイ・・・10〜5月(10〜12月)
マコガレイ・・・9〜5月(10〜12月)
ムシガレイ・・・10〜3月(10〜翌3月)
マガレイとマコガレイは11〜12月が子持ち時期で美味しい。マコガレイの刺身は8〜10月が生産量は少ないが美味。
さくらます 1〜5月(2〜3月) 降海型がほとんどメス(サクラマス)、河川型がほどんとオス(ヤマメ)。
みずだこ 11〜5月(11〜5月) 青森・北海道ではオスを「ミズダコ」、メスを「マダコ」と呼ぶ。
Aomori Tourism and Convention Association.All Rights Reserved.