ウォーターフロントって何?

ウォーターフロント(Waterfront)とは、海・川・湖などに面する水際の地帯という意味になりますが、今日の用途では、過密化する都市の新たな開発区域としての港湾、臨海部を指して使われています。
日本において港湾部が注目されはじめたのは、神戸市の神戸ポートアイランド博覧会(1981年)とされており、都市景観整備という観点から、各地でウォーターフロント開発が展開されています。

青森ウォーターフロント

青森駅北東に広がる地区で、観光施設を中心に構成されています。 かつて青函連絡船の引き込み線の用地として利用された場所を青函連絡船廃止前の1984年の青森県観光物産館アスパム着工を皮切りに開発を進め、現在のような形になりました。青森市の都市計画では青森駅周辺再開発において重要な位置を占めており、2010年の東北新幹線新青森駅延伸を機にA-FACTORY(商業施設)とねぶたの家 ワ・ラッセ(文化観光交流施設)がオープンしました。
また、青森ねぶた祭の最終日には、ねぶた海上運行と花火大会が青森港で行われるほか、イベントの開催や冬にはイルミネーションが灯されるなど、イベント会場として多く活用されています。

AOMORI CITY WATER FRONT ENJOY MAP

ウォーターフロントをもっと楽しもう!

海沿いを歩き景観を楽しみながら、観光やお土産の購入もできるウォーターフロントは、見どころが盛りだくさん。青森市内をゆっくり散策する「あおもり街てく」では、ウォーターフロントを回るコースもあります。ボランティアガイドが無料で楽しくご案内しますので、ぜひご利用ください。
あおもり街てくの詳細はこちら